5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サッカー界でドーピング事情

1 :フエンテス医師:2007/01/07(日) 13:26:01 ID:htnQpuCW0
サッカー界のドーピング問題はすでに10年前から周知の事実であり、組織化されたドーピングシステムが存在している」とのことである
こういった意見からスペインのみならず、今後は世界のサッカー界全体に波紋が及ぶ可能性もある。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0607/spain/column/200612/at00011613.html

「サッカー界は薬から抜けださなければならない。短期間で不自然なほど爆発的に筋肉がついた選手が数多くいる」

 アレッサンドロ・デル・ピエロ 「1997〜1998シーズンにクレアチン*と10種類の錠剤(ドロップ)を2日置きに服用していた」
 ジネディーヌ・ジダン 「ユヴェントスに在籍した5年間、週中と試合のハーフタイムにクレアチンを服用していた」
 ジャンルカ・ペッソット 「昔はクレアチンを使っていたが、6g以下だった」
http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/tpx/sc_0257.html

フエンテス医師「私は死の脅迫を受けている。私が事実を話せば、私と家族は重大な問題を抱えることになる。私は3度も脅迫されており、4回目はいやだ」http://sports.livedoor.com/article/detail-3727173.html

イタリア人の代理人ブロンゼッティ氏「バレンシアの複数選手がドーピングをしていたとする」
http://sports.livedoor.com/article/detail-3715553.html

欧州でドーピング問題が大きく取り上げられてるなか、ドーピングやってそうな選手・やってる選手・ドーピングに関するニュースを集め検証するスレ。

2 ::2007/01/07(日) 13:29:42 ID:fj+74PXd0
2げと

3 : :2007/01/07(日) 13:45:49 ID:bZEwKeJF0
ジダンもドーピングしてたのかよ・・・。

4 ::2007/01/07(日) 13:53:24 ID:3wCJZ+xi0
クレアチンは、アメリカ大リーグではドーピングの対象にはなりません。

5 : :2007/01/07(日) 13:53:55 ID:N2MW8UqX0
まぁバルサもドーピングという土壌の上に成立っている

6 :-:2007/01/07(日) 13:55:18 ID:f4ucNuc60
ふーん

7 ::2007/01/07(日) 13:55:25 ID:uYGMK6IJO
サッカーに限らずラクビー、野球、競馬、はたまたF1でもあるからのう

8 :  :2007/01/07(日) 13:57:58 ID:bZEwKeJF0
だからデルピエロ禿げたのか。


9 : :2007/01/07(日) 14:01:01 ID:5Dmz9Was0
ふ〜ん
玄米ビスケットがあるのに

10 : :2007/01/07(日) 14:02:50 ID:eapM4bBq0
年齢詐称ならお手の物の国がすぐそばにあるけどね

11 : :2007/01/07(日) 14:03:27 ID:lYz+VtEkO
スレタイおかしくない?

12 : :2007/01/07(日) 14:08:17 ID:wO43xPID0
野球選手が不祥事起こすとすぐサカ板にこういうスレが立つんだよな

13 : :2007/01/07(日) 14:09:51 ID:bZEwKeJF0
デルピエロの衰えと中田英の衰えがダブるんだがまさか・・・(・o・)

14 :_:2007/01/07(日) 14:12:18 ID:OckUCffd0
デルピエロは実はだいぶ前からハゲてたよ

15 : :2007/01/07(日) 14:23:29 ID:bZEwKeJF0
入団した直後のふさふさの時は本当ふさふさだったよ

16 : :2007/01/07(日) 17:02:46 ID:H//hJRHU0
マラドーナなんてコカインによるドーピングで活躍しただけだからなw
ナチュラルなロナウジーニョこそ史上最高と呼ぶに相応しい

17 : :2007/01/07(日) 17:14:14 ID:uFPrhfe40
>>16
結局そこに持っていくためだけのスレかよ


いち抜けた。

18 :':2007/01/07(日) 18:06:16 ID:hT02dW9KO
>>1
日本語でおk

19 : :2007/01/07(日) 18:17:45 ID:H//hJRHU0
>>17
マラオタ逃亡しました
というわけで、マラドーナのコカインドーピング確定

20 : :2007/01/08(月) 08:24:30 ID:5iijGnb00
ジダンのことを知ったのは1996-1997シーズン。
ユベントスでプレーしているジダンを初めて見た時、あまり印象には残らなかった。ところが翌 1997-1998シーズン、再び見たジダンの姿に違和感を覚える。異様なほど興奮していて、とにかく切れやすい。
その印象がフランス人記者達が語るジダンの人物像とは掛け離れていた。とりわけ、人柄の良さで知られるジダンに、まるでそんな印象がない。ペナルティーエリア内で悪質なファウルを見舞い、汚い選手のひとりとして記憶した。
しかし、この頃のユベントスの選手といえば、ダービッツにしろ、ペソットにしろ、パワーとスタミナと感情が尋常ではなかった。試合中は、常に興奮状態にあって普通ではない。
アメリカ・ワールドカップでのマラドーナのごとく殺気立っている。
普通に集中している選手であれば、その目に研ぎ澄まされたものを感じるが、ユベントスの選手にはまったく別の違和感を感じる。ドーピングによる興奮状態にあるのだ。興奮していながらも、その目に感情が宿っていないので違和感が残る。

 それから3年後に、ユベントスのチームドクターが筋力増強剤<ナンドドロン>を常用していた事実を暴露した。その際、所属していた選手達の名前が公表されている。
その中にジダンの名前も出てきたので、追い詰められたジダンは公式インタビューまで開くことになった。
ジダンは“ビタミン剤だと思って飲んでいた”として、筋力増強剤の使用を認めている。プロの選手が、口に入れるものが何なのか解らずじまいとは考えられない。
しかも、ユベントスの場合、試合前に薬の服用が義務付けられていたというのだから性質が悪い。“
切れやすい”理由がそれだけとは言えないが、ドーピングの影響は少なからずあるだろう。ドーピングが暴露された直後にジダンはイタリアを去り、活躍の舞台をスペインに移した。
莫大な金額で移籍したことが大々的に取り上げられたため、ドーピングの話は速やかに消し去られてしまった。タイミング的に、レアルマドリードへの移籍は真実からの逃避にも映る。
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/1974koji/3/soccer286.html

ドイツW杯の頭突きも薬の影響が大きい

21 :  :2007/01/09(火) 21:52:48 ID:PuCev3n80
マラドーナ。ジダン。
世界最高プレイヤーがドーピングしてたんか

22 : :2007/01/11(木) 00:59:44 ID:Bnx/NYVI0
ばっじょもドーピング疑惑あったよね?

23 : :2007/01/11(木) 02:20:33 ID:CgReQga90
>>16
そのガウショに今疑惑の目が向けられているんだが

24 :  :2007/01/13(土) 21:33:51 ID:QekRVgsP0
炉なうジーニョもならその時代をつくった最高のスター選手のほとんどがドーピンガ−じゃん」

25 : :2007/01/14(日) 11:59:59 ID:TOs9/JLf0
ロナウド・ガウショ・ジダン・・・みんなそうだね

26 :  :2007/01/18(木) 02:23:10 ID:5/kVH1zX0
ボリエッロがドーピング検査陽性で出場停止

 ミランのマルコ・ボリエッロはドーピング検査で陽性反応が検出され、出場停止となった。
ローマの試験所による検査で発見されたのはコルチコステロイドのプレドニゾンとプレドニゾロン。

 検査の対象となった試合は11月11日にサンシーロで行われたセリエA第11節のローマ戦(2−1でローマが勝利)だった。連絡を受けたレーガ・カ
ルチョ(イタリアサッカーリーグ協会)は、即座にボリエッロのあらゆるスポーツ活動への参加を暫定的に禁止する処分を下した。

 ボリエッロはナポリ生まれのFWで、今シーズンはミランで3ゴールを記録。コッパ・イタリアのブレシア戦(ベスト16第1戦)で2ゴールと、12月3日
に行われたセリエAのカリアリとのアウエーゲーム(2−2)で1ゴールを決めている。

 ミランは今回の出場停止処分に関して「すぐに最善の形で問題が解決されると確信している」と公式サイト上で短いコメントを出している。

(C)SPORT

サッカー

[ スポーツナビ 2006年12月22日 12:30 ]


27 :  :2007/01/19(金) 03:15:40 ID:Nfd+Qeb50
スペインのは確実に黒でしょ。
発覚する前にイタリア人代理人がつかってる選手がいることもらしてるし。
もみ消しそうな勢いだけど

28 :  :2007/01/19(金) 13:47:35 ID:c6ggzwgo0
ミランFWボッリエッロ、2次検査でも陽性
2007年1月19日(金) 13時8分 ISM

 CONI(イタリアオリンピック委員会)は現地時間18日(以下現地時間)、ミランに所属するFWマルコ・ボッリエッロについて、2回目のドーピング検査結果も陽性反応を示したことを発表した。ロイター通信が報じている。

 昨年11月11日に行なわれたセリエA・第11節のローマ戦の試合後に行なわれたドーピング検査で、陽性反応との結果が出たボッリエッリ。今回行なわれた2次検査でも、同様の禁止薬物2成分が検出されたという。

 同選手は暫定的に出場停止を命じられているが、これにより正式な処分が確定すると思われる。

[ 1月19日 13時8分 更新 ]
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20070119-00000085-ism-spo

29 :_:2007/01/19(金) 15:21:26 ID:3Fhr9xA4O
コカインをドーピングって言ってる奴って、絶対ドラッグの知識皆無だよなw
あんなの趣味に決まってるだろ。

ドーピングドーピングって騒いでる奴の大多数が、
自分達が飲んでる風邪薬に覚醒剤の成分が入ってる事すら知らないだろうし、知っても容易に信じないだろうな。

30 ::2007/01/19(金) 15:28:53 ID:amz0TOlPO
ジダンもデルピも・・・

31 ::2007/01/19(金) 19:04:17 ID:mtIVC5weO
イタリアは言わずもがなで一番汚い。
ドイツは八百長あり。スペインは疑惑あり。
プレミアはクリーン。
プレミア以外はゴミでFA?

32 :_:2007/01/19(金) 19:32:18 ID:9yQp9As40
>29
コカインはドーピングじゃない、は無理あるんだからいい加減ヨセ。
普通に、ドーピング指定だがサッカーの役には立たん、とかでいいだろ。

33 :  :2007/01/20(土) 02:58:00 ID:sOs6MPgq0
スペインのドーピング問題音沙汰なしだね


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)