5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔王のガイドライン2

1 :水先案名無い人:05/01/13 19:38:18 ID:zgsX+Cma
前スレ 魔王のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1083415218/

 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。


486 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 20:42:39 ID:Enxy2lwT0
>>485
ワロス

487 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 21:27:45 ID:3FZZAiVK0
>>485
ビール吹いた

488 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 21:46:46 ID:G73AwgCp0
>>485
FMJ親子、最強

489 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 22:11:51 ID:pDXnj4kv0
>>485
久しぶりのクリティカルヒット。たまらんw

490 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 23:39:55 ID:Ho1hjsSN0
>>485
クソワロス

491 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 00:32:10 ID:gl04HGMW0
>>485
「海兵隊を愛しているか、坊や」が最高にツボだw笑い死ぬww

492 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 02:05:04 ID:fJdCTIgH0
すでにSir Yes Sir 
ってどんなだよ

493 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 08:18:30 ID:cGpE9pes0
>>492
徴兵された

494 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 12:06:50 ID:zfsNPlfy0
全員ハートマンでなくジョーカーをまぜて欲しかった。

495 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 16:01:34 ID:T7k4XkFF0
【購入前】au WIN W21K by KYOCERA Part5【必読】@携帯・PHS
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/phs/1114961871/414


414 :非通知さん :2005/06/06(月) 22:15:44 KTyP/ATvO
坊や何故顔隠す

お父さんお父さん怖いよW21Kが売ってるよ怖いよ

坊やよあれはただのプラスチックだ〜

かわいい坊やだここにおいで今なら1円契約

お父さんお父さんW21Kがぼくの機種変誘ってる〜


かわいい坊やだここにおいでシンプルデザイン、着せ替えデータフォルダもあ〜るよ〜

お父さんお父さんW21Kが唯一のそんなに役に立たない機能アピってる

父は馬を飛ばしたが子はすでに買い換えてしまった

496 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 19:57:46 ID:gswI5t9y0
>>485
ハゲワロスwww

497 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 20:19:19 ID:DoOvnFrX0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。ターバンをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「うっはっうっはうっはっうっはっジン・ジン・ジンギスカーン♪」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「サームラーイ♪サームライ♪」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王のバンドの女性ボーカル二人が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「モスカーモスカー♪」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをのハートをつかまえる!魔王がぼくをノリノリのハイテンションにする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。ダンスする子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにCDをアマゾンで注文していた。



498 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:09:57 ID:y3lx8Khz0
>>497
>うっはっうっはうっはっうっはっジン・ジン・ジンギスカーン♪
ワロスwww

499 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:17:33 ID:dp4JGLW+0
 こんな夜更けに、ホワイトハウスにパワードスーツを走らせるのは誰だろう。
 それは大統領と秘書だ。秘書はテンパッた大統領とバカ騒ぎをしている。

秘書  「Mr.プレジデント!!なぜ撃たないんですか!?」
大統領 「ジョディ!君には円盤が見えないのか?銀色で宙に浮いて、オレンジの光を放っている・・・」
秘書  「Oh!UFOなんてみたの初めて!ジョディ超感激!」
宇宙人 「かわいい地球人、一緒においで。面白い遊びをしよう。母星にはきれいな花が咲いているし、最新技術を私の会社がたくさん用意して待っているよ。」
大統領 「ジョディ!What this!?宇宙人が私になにか言ったぞ!?」
秘書  「Mr.プレジデント!落ち着いて下さい!きっと枯葉が風にざわめいているですよ。」
宇宙人「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部族たちがもてなすよ。地球人をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
大統領 「ジョディ!ジョディ!見えるか!?あの黒いところにUFOの子供が!」
秘書 「もちろん見えてます!でもきっとあれは宇宙人の兵器ですよ!」
宇宙人「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくと言わず私たちと平和の道を歩もう!」
大統領「ジョディ!UFOが私に攻撃してきた!アメリカの正義を侵略するインベーダーを私がひどい目にあわせてやる!
     なぜなら!私は!アメリカ合衆国大統領だからだ!!!!
     レッツパーティィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!」

 宇宙人は蜂の巣にされて、UFOを全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで母星に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

500 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:21:45 ID:7dOVAwY/0
>>499
大統領吹いたw

501 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:21:47 ID:oV/HPOa10
>>499
子供がよくわかんないけどテラワロス

502 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:33:42 ID:bpnM+co80
>>499
レッツパーリィィィィの方がそれっぽかったな
でもワロタ

503 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:31:17 ID:v03RHyuS0
 こんな夜更けに、闇と風の中に戦車を走らせるのはだろう。
 それはゴメスとワルゲリョだ。ゴメスはおびえるワルゲリョをひしと抱きかかえている。

ゴメス   「ワルゲリョよ、なぜ顔を隠すのだ」
ワルゲリョ 「おやぶんにはハンターが見えないの。ゴーグルキャップをかぶって、重戦車に乗っている・・・」
ゴメス   「あれはただのハイウェイタンクだ・・・」
ハンター  「にっくきワルゲリョ、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいなDr,ラフレシアが咲いているし、金のじゅうたん(の死骸)を私の仲間がたくさん用意して待っているよ。」
ワルゲリョ 「おやぶん!おやぶん!きこえないの。ハンターがぼくになにかいうよ。」
ゴメス   「落ち着きなさい、唄うパラボラがざわめいているだけだよ。」
ハンター  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の仲間たちがもてなすよ。お前をここちよく砲撃し、斬りつけ、しまいにはてっこう弾を打ち込むのだ。」
ワルゲリョ 「おやぶん、おやぶん!見えないの、あの暗いところにハンターの仲間が!」
ゴメス   「見えるよ。だが、あれはサルモネラほんぽとその仲間だよ。」
ハンター  「お前をさっさと倒して次に進みたいんだよ、坊や。お前のみすぼらしいレンタルタンクがたまらない。力づくでもつれてゆく!」
ワルゲリョ 「おやぶん、おやぶん!ハンターがぼくをつかまえる!ハンターがぼくをひどい目にあわせる!」

 ゴメスはぎょっとして、戦車を全力で走らせた。あえぐワルゲリョを荷台に載せ、やっとの思いでアジトに着いた・・・
 後部に載せられたワルゲリョはすでに麻痺ガス弾でひねりつぶされていた。

504 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:35:18 ID:qLWsF5H+0
>>499
リチャード吹いたw

505 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:39:23 ID:5RJWJte40
 こんな夜更けに、ネットサーフィンに勤しむのはだろう。
 それはテレホマンだ。彼刻々と進む時計をひしと抱きかかえている。
    ___
  / ´∀`;\
 /     /::::::|
 | /  /::::::|:::|
 | | /:::::::::::|:::|


506 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 00:10:00 ID:GUQ5Bnfg0
ISDN  「テレホマンよ、何故時間を気にするのだ」
テレホマン 「ISDNにはタイムリミットが見えないの?張り切って、朝日を浴びている…」

507 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 04:04:15 ID:nN31d7c90
朝8時の鐘が鳴ると駆け出すシンデレラだな

508 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 07:02:47 ID:KMer5LCC0
テレホマン懐かしすぎるな
必死こいてダイアルアップしてた頃思い出して目頭が熱くなったよ

509 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 12:47:00 ID:deKhQ+tt0
あの頃からOCNはよく落ちた

510 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 12:57:41 ID:V/3Jqq4A0
ADSL「愛しているよ、テレホマン。お前の美しい姿がたまらない。激重ファイルをアップロードしてあげよう!」
テレホマン「おとうさん、おとうさん!ダウンロードに時間が掛かりすぎる!テレホーダイの時間が終わる!」

511 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 13:17:59 ID:w/u/0pQt0
テレホマンテラナツカシスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
>>510
ギャラクシーワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

512 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 22:28:57 ID:FV5db56h0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お゙ぉおォおん父しゃんには魔王が見えにゃいぃのぉおお。かんむりをかぶって、長いぃ衣を着ていぃるのぉおお・・・」
父   「あれはたなびく霧ら・・・」
魔王 「かわいぃぃぃっよぉおお゙坊や、一緒にお゙ぉおォおんいぃれ。面白いぃ遊びをしよう。岸辺にはきれいぃにゃ花が咲いぃていぃるし、金のぉおお服を私のぉおお母しゃんがたくしゃん用意してぇぇぇぇ゛待っていぃるよお゛お゛お゛ぉ。」
子  「お゙ぉおォおん父しゃん、お゙ぉおォおん父しゃん!きこえにゃいぃのぉおお。魔王がぼくににゃにかいぃうよお゛お゛お゛ぉ。」
父  「落ち着きにゃしゃいぃ、枯葉が風にじゃわめいぃていぃるらけらよお゛。」
魔王 「いぃぃぃっよぉおお゙子ら、私と一緒に行こう。私のぉおお娘たちがもてにゃしゅよお゛お゛お゛ぉ。お゙ぉおォおん前をここちよくゆしゅぶり、踊り、歌うのぉおおら。」
子 「お゙ぉおォおん父しゃん、お゙ぉおォおん父しゃん!見えにゃいぃのぉおお、ぁあああ あぉのぉおお暗いぃところに魔王のぉおお娘が!」
父 「見えるよお゛お゛お゛ぉ。らが、ぁあああ あぉれは古いぃしられ柳のぉおお幹らよお゛お゛お゛ぉ。」
魔王「愛してぇぇぇぇ゛いぃるよお゛お゛お゛ぉ、坊や。お゙ぉおォおん前のぉおお美しいぃ姿がたまらにゃいぃのぉおお。力づくれもちゅれてゆく!」
子 「お゙ぉおォおんとうしゃん、お゙ぉおォおんとうしゃん!魔王がぼくをちゅかまえるのぉおお!魔王がぼくをひどいぃ目にぁあああ あぉわせるのぉおお!」

 父親はぎょっとしてぇぇぇぇ゛、馬を全力れ走らせたのぉおお。ぁあああ あぉえぐ子供を両腕に抱え、やっとのぉおお思いぃれ館に着いぃたのぉおお・・・
 腕に抱えられた子はしゅれにバカ!バカ!まんこ!

513 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 01:10:47 ID:5rb+4Znj0
4行めで挫折

514 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 04:14:09 ID:XXUvwRno0
最後の行だけ読んだ

515 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 08:32:53 ID:E7iY5PsR0
>>512
魔王「いい子だ、私と一緒に病院に行こう。私の看護師たちがもてなすよ。
    お前をここちよく精神分析し、治療し、閉じ込めるのだ」

516 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 13:49:44 ID:LIwY1gqC0
エキサイト翻訳みたいなもんだな

517 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 19:07:54 ID:GdP/cmzn0
みさくらなんこつガイドライン瓶詰12ーもねー

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1118245635/

518 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 18:55:03 ID:/O8J0DbE0
何度見ても468テラオモシロス

519 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 20:47:05 ID:HoFiCbnr0
 こんなマヨヒガに住む、妖怪の式神の式神は誰だろう。
 それは橙だ。八雲紫はおびえる橙をひしと抱きかかえている。

紫 「橙よ、なぜ顔を隠すのだ」

橙 「紫様には藍様が見えないの。式神らしく下半身裸で、長い衣を着ている・・・」

紫 「あれはたなびく弾幕だ・・・」

藍 「かわいい橙、一緒においで。面白い話をしよう。、マヨヒガには部屋が二間しかありません、いつもは大体家に誰か居るのですが。」

橙 「紫様、紫様!きこえないの。藍様が私になにかいうよ。」

紫 「落ち着きなさい、夜雀がチンチン鳴いているだけだよ。」

藍 「ある朝起きてみると誰も居ませんでした。ラッキー!テンコーできる!当然式神らしく、下半身スッパテンコー!!」

橙 「紫様、紫様!見えないの、あの畳の上に藍様の下着が!」

紫 「見えるよ。だが、あれは幽々子の頭上の布だよ。」

藍 「ああブディスト、四面楚歌楽しいよぉ。 フィニッシュはやっぱり、プリンセス天狐〜illusion〜!!」

橙 「紫様、紫様!藍様が私に見つかった!藍様がスッパテンコーを私に見られた!」

紫はぎょっとして、二度寝した。あえぐ橙を無視して、やっとの思いで眠りに着いた・・・
橙は飛翔毘沙門天で家を出て行った。

520 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 23:42:54 ID:U8vdyvY60
一行開きウザ

521 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 00:28:28 ID:eyoKB18N0
糞つまらねぇネタをわざわざ読まなくてもいいよという
発言者の心優しい気遣いに謝れ

522 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 19:08:45 ID:mAmdaSWn0
ちち   「01よ、なぜかおをかくすのだ」
01   「おとうさんにはアポロンがみえないの。ムラマサをもって、しろいタキシードをきている・・・」
ちち   「あれはたなびくマサムネだ・・・」
アポロン 「このイージスのたてで きみらのこうげきは ふせぐぞ」
01  「おとうさん、おとうさん!きこえないの。アポロンがぼくになにかいうよ。」
ちち  「おちつきなさい、つよがっているだけだよ。」
アポロン「きたぞ!きたぞ!」
01 「おとうさん、おとうさん!みえないの、アポロンのすがたがかわった!」
ちち 「みえるよ。だが、あのひほうは かんぜんじゃないんだよ。」
アポロン「な なんだ これは!わたしの からだが!なにが おこったんだー!!」
01 「おとうさん、おとうさん!アポロンがばくはつする!アポロンがぼくをひどいめにあわせる!」

ちちおやはぎょっとして、01をかばった。01はひほうをつかった・・
めがみがニヤニヤしていた

523 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 20:20:18 ID:zBinJpHm0
     _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   |  久々に可愛い坊や
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   |  私と一緒に行こうと言えば素直についてきたのが
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 昔の坊やなんだよな今の坊やは
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 力づくで連れてかないといけないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

524 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 17:35:51 ID:DCb65QIc0
カリメロ・・・

525 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 19:49:59 ID:6mQEUT1j0
>>524
久々に卵の殻?

526 :水先案名無い人:2005/06/13(月) 19:34:08 ID:uYEt7vip0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんにはあの霧のようなものが見えないの。かんむりみたいな頭に、長い体をしている・・・キモイヨ〜」
父  「あれはたなびくアンガールズだ・・・」
田中 「ど〜も〜アンガールズで〜す。お母さんからもらった金の服を着てたら
    何かの像と間違われて道で拝まれるアンガールズで〜す。坊や一緒においで〜。面白い遊びをしようよぉ。
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。田中が噛みながらなにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯れ木のような田中が風にざわめいているだけだよ。」
田中 「いい子だね〜僕と一緒に行こうよぉ。僕の相方がもてなすよ。君をここちよくゆすぶり、踊り、歌うよ。」
子  「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに山根が!」
父  「見えるよ。だが、あれはただの古いしだれ山根だよ。」
田中 「愛しているよぉ〜坊や。君のぉ美しい姿がたまらない。力づくでもつれてい・・ポキッ」
子  「おとうさん、おとうさん!田中のぼくを捕まえようとした腕が折れたよ!仕返しに山根がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子の腕には折れた山根の腕があった。

父  「やっぱり心配する必要なかったな。」 はいっジャンガジャンガ〜

527 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 18:15:30 ID:sC7PDWzp0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんにはあの東京ドーム20個ぶんくらいものが見えないの。単位とか無くて、何坪とか何?fとかを超越している・・・」
父  「あれは伸びていく自転車で二時間の通学路だ・・・」
宇宙 「ヤバイ坊や、一緒に膨張しまくり。バナナで釘打つ暇も無く死のう。積分計算で出てきただけで上手く扱えないし、演算子を無限の馬力がたくさん用意して超何も無いのだよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。宇宙が億年とか平気で出してるよ。」
父  「超のんびりなさい、有限って事にするだけだよ。」
宇宙 「マジヤバイ子だ、小学生と一緒に行こう。最も遠くから到達する光たちがもてなすよ。お前を無限のままゆすぶり、fと置いてみたり、超寒いのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに超がんばるハッブルが!」
父 「見えるよ。だが、あれは徒歩10分のトイレだよ。」
魔王「観測しているよ、坊や。地球のヤバすぎる姿が怖い。力づくでも話のわかるヤツだ!」
子 「おとうさん、おとうさん!宇宙が馬力を凄すぎる!宇宙がヤバさをもっと知るべきだ!」

 父親はぎょっとして、自転車を超ガラガラで走らせた。ヤバイ子供を両腕に抱え、やっとの思いで宇宙の端の外側に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにそういうレベルじゃない。

528 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 19:31:42 ID:XYR6gmxX0
>>527
なんか分からんけど後からクルなwwwwwwっうぇうぇwww



ところでそれエキサイト翻訳かなんか?(´・ω・`)

529 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 19:33:46 ID:xYgGHiu50
>>528
宇宙ヤバイのガイドライン Part13ndとか困るっしょ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1115539912/


530 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 20:13:19 ID:QmFT4haz0
 こんな夜更けに、闇と風の中に宇宙船を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには時空振動反応が見えないの。歪みから、2つも出てくる。ありえない、何かの間違いではないのか?」
父   「あれはただの星雲だ・・・」
ビッグバイパー 「聞こえるか?こちらはビックバイパー。あまり時間がないのでよく聞いてくれ。ヤツを倒すためには君の助けが必要だ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ビッグバイパーがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、大気圏突入の騒音だけだよ。」
ビッグバイパー 「我々は別々のルートからヤツの内部に侵入し、2箇所のコア部分を互いに1つずつ破壊しなければならない。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにゼロフォースが!」
父 「見えるよ。だが、あれは赤く光った惑星だよ。」
ビッグバイパー 「無論、どちらか片方ではだめだ。2人とも成功しない限り、我々に未来はない。」
子 「おとうさん、おとうさん!ビッグバイパーがぼくをつかまえる!選択の余地が無くなる!」

 父親はぎょっとして、宇宙船を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで地球に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにヴァー。

元ネタ:グラディウスVのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1092226957/

531 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 21:16:22 ID:/xqEUSqf0
まさか魔王スレでグラディウスを見ようとは・・・

532 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 22:04:22 ID:XYR6gmxX0
>>529
サンク(´・ω・`)ス

文脈が変だったから翻訳かと思ったが違ったか

533 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 04:33:53 ID:HFpoK6MD0
>>527
スタニスワフ・レムの気い狂ったコンピュータみたいだな。

534 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 13:29:59 ID:oOt2dFW10
父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

数日後・・・
こんな夜更けに、フラッシュが炊かれる中記者会見をするのは誰だろう。
それは父と記者たちだ。記者はおびえる父に質問責めしている。

記者A   「お父さん、なぜお子さんの助けに耳を貸さなかったのですか」
父   「わたしには魔王が見えなかったのです。かんむりをかぶって、長い衣を着ていると言ってましたが・・・」
A   「あれはたなびく霧だったと思ってたのですね・・・」
記者B 「んなことないやろ!、答えになっとらん。お前が殺したんやろ。世論はアンタを許しとらんし、父親逮捕の記事を俺の同僚がたくさん用意して
      待ってんで。」
父  「そんなこと言っても!きこえなかったのです。魔王が息子に何か言ってたようですが」
A  「つまり枯葉が風にざわめいているだけだと思ったわけですね。」
B 「あほかオドレは!人が死んでんねんで!息子さんはアンタに苦しめられ、弄ばれ、殺されたんや!」
父 「違う!違う!あの暗いところに魔王の娘がいたと言ってました!」
A 「何か見えてたようですが、あれは古いしだれ柳の幹だと思ってたんですね」
魔王「あかん、説明になっとらん。もぅエエわあんた。作者呼んで!」
父 「息子よ、息子よ!記者が私をいじめる!記者が私をひどい目にあわせる!」

 父親は耐え切れなくなり、会見場を全力で逃げ出した。記者Aは後を追い、やっとの思いで館に着いた・・・
 父はすでに首を吊って死んでいた。

535 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 13:48:36 ID:wAyWZPu00
>>534
>魔王「あかん、説明になっとらん。もぅエエわあんた。作者呼んで!」
テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

536 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 16:59:45 ID:RlZ60ueK0
魔王自ら事後処理に動くのかよwwwwwww
アフターケアコマカスwwwwww

537 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 17:48:10 ID:/nUguRAN0
>>534
鼻水吹いた

538 :534:2005/06/15(水) 19:11:56 ID:A+pfggiz0
息子「お父さん、お父さん!何やってんの、改変し忘れているよ!」
父「落ち着きなさい。わざと受けを狙っていたんだよ」
魔王「うそつけ」

539 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 20:53:09 ID:G3Uf1NyJ0
記者Bは魔王の変化した姿だったんだよ!!(MMRAA省略


540 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 22:48:02 ID:oEw4sEft0
Ω ΩΩ(ry

541 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 00:27:04 ID:wqbPRy6w0
流石は魔王パワーですね( ´∀`)

542 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 00:43:18 ID:17z/E7gW0
魔王じゃあ、無理もないな( ´∀`)

543 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 01:49:00 ID:/gl1YeIs0
>534テラワロスッタwwww
コレはミスしてて正解だよ。普通に読むよりかメチャクチャ面白くなってるもんw

544 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 23:46:43 ID:+AzcfutM0
>>534
息が止まる程に笑ったぞ
やっぱり魔王がもう最高

545 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 02:06:49 ID:vgwbPXo50
怪我の功名

という慣用句の意味を俺は今初めて真に理解した気がする。

546 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 19:19:45 ID:g1zsd7Pp0
スマソ
だれかメタルギアソリッドで魔王してくれw
最後はもちろん「すでに性欲を持て余す」で
俺には難しすぎて作れないw

547 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 20:32:52 ID:drkylf/10
こんな夜更けに、基地に潜入を試みているのはだれだろう。
それはキャンベル大佐とスネークだ。大佐は淫交モードのスネークを必死に抑えている。

大佐  「スネーク、なぜ顔を赤らめているのだ」
スネーク 「大佐にはオセロットが見えてないのか。リボルバーを持って、拷問したがっている・・・フギギッ」
大佐  「あれは真性サドだ・・・ブランクがあるとは思えん」
オセ 「かわいいスネーク、一緒においで。面白い遊びをしよう。部屋にはいろんな拷問道具が置いているし、
    オナマシーンを私のボスがたくさん用意して待っているぞ。」
スネーク  「大佐、大佐!きこえないのか。オセロットが俺になにかいっている。・・・ガマン汁が噴き出してきた」
大佐 「なんてことだ・・・余計なことを考えるな。今はメタルギアを食い止めることが先決だ。」
オセ 「いい子だ、私と一緒にイこう。股間のレイヴンももてなすぞ。お前のアナルをここちよくゆすぶり、舐め、掘るのだ。」
スネーク 「大佐、大佐!見えないのか、あの暗いところに棒引きで鍛えた股間のレイヴンが!ハァハァ」
大佐 「見えるぞ。だが今はメタル(ry」
オセ 「愛しているよ、スネーク。お前のタマタマの匂いがたまらない。ではいくぞう!」
スネーク 「大佐、大佐!オセロットが俺をつかまえる!オセロットが俺の性欲をもてあまさせる!ウォーォー!!」

大佐はぎょっとして、スネークの姿を全力で追った。あえぐスネークの声を聞きながら、やっとの思いで
ソリトンレーダーに捉えた・・・ 画面内でスネークはすでに行為に及んでいた。
大佐「バカモン!何てことをするんだ!くそぅ、基地外だ!こんな男に任務を頼むんじゃなかった・・・!」

・・・適当でスマソ

548 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 21:04:37 ID:g1zsd7Pp0
>>547
サンクスw
大佐カワイソス(´・ω・`)

549 :水先案名無い人:2005/06/18(土) 07:03:27 ID:9aTD6nqV0
>>546
>>399にもやらないかとの融合バージョンがあるよ。

550 :水先案名無い人:2005/06/18(土) 07:58:24 ID:ulsKNLir0
 こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
 それは悪人達だ。
  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
ボス   「手下よ、なぜ顔を隠すのだ」
手下   「ボスには魔王が見えないの。低い姿勢で、アイパッチをしている・・・」
ボス   「あれはたなびくスネークだ・・・」
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
スネーク 「こちらスネーク。ターゲットを発見した」
手下  「ボス、ボス!きこえないの。魔王がなにかいうよ。」
ボス  「落ち着きなさい、スネークが報告しているだけだよ。」
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
スネーク 「ああ、こっちには気づいていない、尾行を続ける。」
手下 「ボス、ボス!見えないの、あの暗いところにスネークが!」
ボス 「ああ、あれが間抜けなスネークだよ。」

魔王「大丈夫だ、痕跡すら残していない!」
手下 「ボス、ボス!スネークがこっちにくる!スネークがバレてるのに気づいていない!」

 ボスはにやりとして、車を全力で走らせた。あえぐスネークを簡単に撒き、館に着いた・・・
 スネークはすでに体力を使い果たしていた

551 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 05:55:29 ID:aaUWWiS00
僕が父に魔王が僕を狙っているという事を流そうとしたのです。
ところが流れないのです。

子「お父さん。冠を被って衣を着た魔王がいるよ。」
父「あれはたな引く霧だよ。」
子「お父さん!魔王が僕に何か言うよ!」
父「風がざわめいているだけだよ。」
子「お父さん!!あの暗い所に魔王の娘がいるよ!!」
父「古い木の幹だよ。」

だから魔王は、絶対チェックしていると思います。
特に僕からの言論を。
(たな引く霧の)大体90パーセントが魔王ですね。
5パーセント位は違う人たちです。

「流れないのです」のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1114407738/


552 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 17:42:33 ID:DTimG25i0
もしも 子供が 弱ければ
魔王が たちまち 攻めてくる
娘が来て 金の服 着せられて
子供は貞操 無くすだろう
子供はおお 僕らの宝だ
少年愛から 守りぬくんだ
全力 疾走 Vater
全力 疾走 Vater
俺たちのウィーンの森が 燃えている
グロー ザ サン マイ ラブ サン
子煩悩親父 シューベルト

553 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 19:08:57 ID:DfWb1u5+0
>>552
愛国戦隊吹いた

554 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 23:03:30 ID:DlNqU08p0
太陽戦隊じゃないのか

555 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 00:05:00 ID:3R4we+iA0
>>554
ふっ・・・ジェネレーションギャップってやつよ。オリジナルを知らない世代がいるってことさorz

556 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 00:39:14 ID:Dii05bNP0
>>552
歌:串田アキラ

557 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:05:25 ID:jumFz2fQ0
>>555
…え?あれ?愛国戦隊のほうがオリジナル?

558 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:18:06 ID:subYKy7a0
どうでもいいです

559 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:18:56 ID:l+vmXDL90
>>557
太陽戦隊の方だよ

560 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:20:20 ID:yZ+zukE30
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と557だ。父はおびえる557をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
557 「お父さんには552が見えないの。魔王を使って、サンバルカンを替え歌している・・・」
父  「あれはたなびく霧だ・・・」
555 「かわいい557、一緒においで。面白い遊びをしよう。畑はたちまちコルホーズだし、金のカズノコ漁船を
    私の母さんがたくさん拿捕して待っているよ。」
557 「お父さん、お父さん!きこえないの。555がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
555 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の愛国戦隊たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
557 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにロシアの督戦隊が!」
父  「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
555 「愛しているよ、坊や。お前のうるおぼえがたまらない。力づくでもオリジナル!」
557 「おとうさん、おとうさん!555がぼくを誤解させる!555がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた557はすでにカミカゼスキヤキゲイシャ……。

561 :555:2005/06/22(水) 01:27:24 ID:3R4we+iA0
>>557
逆逆、太陽戦隊で正解よ。

そういや555で思い出したけどライダーがイケメンなのもすんっごく納得いかない漏れであった

562 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 02:11:38 ID:+8Wy4A4T0
 こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
 それは田代と陽子だ。田代はおびえる陽子にシャブを打とうとしている。

田代   「陽子よ、なぜ顔を隠すのだ」
陽子  「田代さんにはおじさんが見えないの。鼻を赤くて、ホクロから毛が生えている・・・」
田代   「あれはたなびく霧だ・・・」
志村 「な、なんだチミはってか!」
陽子  「田代さん、田代さん!きこえないの。おじさんが私になにかいうよ。」
田代  「落ち着きなさい、まだシャブは打ってないよ。」
志村 「そうです!私がへんなおじさんです」
陽子 「田代さん、田代さん!見えないの、あの暗いところにへんなおじさんが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
志村「あ、へんなおじさんだから へんなおーじさん」
陽子 「田代さん、田代さん!へんなおじさんが私をつかまえる!へんなおじさんが私におどりをおどらせる!」

 田代はぎょっとして、車を全力で走らせた。アクセルを全開する事10分、やっとの思いでマンションに着いた・・・
 助手席の陽子はすでにウンジャラゲ音頭を日曜まで踊り終えていた。

563 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 06:22:08 ID:35JHW8YJ0
志村ワロス

564 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 09:13:52 ID:dfNgpTan0
だいじょうぶだぁネタワロタ

565 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 09:25:02 ID:uFTSp5q+0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。











         誰            だ  !

566 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 14:22:17 ID:NkU8fQLZ0
父「あれは空のかなたで踊る影だ…」

567 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 18:53:32 ID:uCUBkG0q0
ヘルメットをかぶって、白い翼を着ている…

568 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 18:57:04 ID:3R4we+iA0
「・・・・たなびく霧に見えてるやつは誰だ・・」ザッ
「・・・・魔王が見えないやつは誰だ・・」ザッ
「・・・・魔王の娘がしだれ柳に見えるやつは誰だ?」ザッ

 誰 だ !!!
  ♪夜更けに走るやつは〜

       誰 だ !!!
        ♪魔王に狙われるのは〜

   誰 だ !!!
    ♪枯れ葉がざわめくのは〜


  誰だ!
   誰だ?
 誰だ!?
    誰だ!!

 誰 だ あ ぁ ぁ 〜!!


                      電気グルーヴ「誰だ」より

569 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 10:04:46 ID:M/KBYXpm0
>>565のレスにガッチャマンネタを書こうとしたのは誰だろう
それは>>569だ。>>569>>566に先を越されている、、、、、、、orz


570 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 13:43:55 ID:kUlm4xc40
>>569
父  「落ち着きなさい、>>566は枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、だから早くネタを。科学忍者隊がもてなすよ。お前は真っ赤に、燃える、火の鳥だ。」


571 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 15:23:30 ID:w/8NiIB80
 ギャラクター隊員はぎょっとして、メカを全力で走らせた。あえぐ仲間を両腕に抱えたが、落とされてしまった・・・
 ベルクカッツェはすでに逃げていた。

572 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 16:58:30 ID:CU7rME530
魔王「かわいいジョーや、一緒においで。面白い遊びをしよう。バードミサイルの発射ボタンをたくさん用意して待っているよ。」
ジョー「ケン、聞こえないのか。俺はバードミサイルを発射するぜ!」
ケン「ジョー、落ち着け。バードミサイルは緊急時以外使用禁止だ!」
ジョー「うぉおおおー、俺は赤いボタンを見ると我慢できねえんだーーーーー!!」

573 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 18:56:21 ID:/quwKV140
 こんな夜更けに、雪と風の中に車を走らせるのは誰だろう。
 それは透と真理だ。真理はおびえる透をひしと抱きかかえている。

真理   「透よ、なぜ顔を隠すのだ」
透   「真理には犯人が見えないの。サングラスをかけて、コートを着ている・・・」
真理   「あれは田中さんだ・・・」
犯人 「いっぱしのヒーロー気取り、一緒においで。面白い遊びをしよう。生き残っているのは女だけだし、むざむざ殺されにきたようなもんじゃないか。」
透  「真理、真理!きこえないの。犯人がぼくになにかいうよ。」
真理  「落ち着きなさい、俊夫さんが香山さんの首を絞めているだけだよ。」
犯人 「いい子だ、骨を折る痛さがわからないと見える。私の腕がもてなすよ。お前の腕をここちよく掴み、力み、折るのだ。」
透 「真理、真理!見えないの、あの暗いところに犯人の影が!」
真理 「見えるよ。だが、あれは幽霊編では私の叔父さんよ。」
犯人「愛しているよ、透。お前の美しい推理がたまらない。銃を使ってでも死んでもらう!」
透 「真理、真理!犯人がぼくをつかまえる!犯人がぼくをひどい目にあわせる!」

 真理はぎょっとして、扉を全力で叩いた。光るナイフを両腕に抱え、やっとの思いであいつの部屋に着いた・・・
 首を絞められた透はすでに死んでいた。

                             糸冬

574 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 22:13:14 ID:pQbUs+010
デドー

575 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 23:45:29 ID:dTvXOhv50
 こんな夜更けに、闇とサイレンの中で戦っているのは誰だろう。
 それはオンドゥルとダデャーナだ。ダデャーナは叫ぶオンドゥルを建物の影から見ている。

ダデャーナ 「ナニイテンダ!」
オンドゥル「ダデャーナザン!オンドゥルルラギッタンディスカー!」
ダデャーナ 「ヒドォオチョゲテルトヴットバスゾ!」
ムッコロ「オゥ!林田!」
オンドゥル「ダリナンダアンダイッタイ!」
ダデャーナ「オデノカラダハボドボドダ!」
ムッコロ「オレァクサマヲムッコロス!」
オンドゥル「ウソダ…ウソダドンドコドーン!」
ダデャーナ「ニゴリエースハオレノモノダ!」
ムッコロ「ラメネチャン!」
オンドゥル「ウェェェェェェェェェイ!!」

 ダデャーナはぎょっとして、バイクを全力で走らせた。叫ぶオンドゥルを両腕に抱え、やっとの思いでBORDに着いた・・・
 腕に抱えられたオンドゥルはすでにアンデッドになっていた。だが私は謝らない。



576 :水先案名無い人:2005/06/24(金) 01:12:13 ID:Pznx/zkV0
こんな夜更けにやらないか。


父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
こんなわけで僕の初めてのハッテン場体験はクソミソな結果に終わったのでした…

577 :水先案名無い人:2005/06/24(金) 08:34:02 ID:q2XwLrMg0
>>576
シンプルでワロタ

578 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 14:59:02 ID:hyjs9KX40
_ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  こんな夜更けに
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/  闇と風の中に
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」')    
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )  馬を走らせるのは誰だぁっ!!
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )  
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|


579 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 16:09:18 ID:buKIlHR90
>578
不意を突かれた、ワラタ

580 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 19:58:28 ID:9Ep4hhWV0
ところで魔王は坊やを連れ去って何をする気なんだろうか

581 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 20:01:23 ID:RmrLNxgH0
うほっ

582 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 22:10:17 ID:8GZZhnNa0
>>580
神殿を造るドレイ

583 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 22:40:47 ID:igXuPfZkO
ぬわ――――っ!

584 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:02:03 ID:+GZuz4Yf0
>>580
敷地内のテーマパークで好き放題遊ばせたりおもちゃ屋を買い占めたりする代わりに、
一緒にベッドで寝るのさ

585 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:09:34 ID:+M2cTFWz0
 こんな夜更けに、観客席で声援を上げるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父は引いてる子を煽ろうと必死である。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはマイコーが見えないの。股間に手を当てて、ポオォォォーーォウ!って叫んでる・・・」
父   「あれは普通の振り付けだ・・・」
マイコー 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。マイコーがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、マイクパフォーマンスをしているだけだよ。」
マイコー 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の少年たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに買われた少年が!」
父 「見えるよ。だが、あれはネバーランドで遊んでるだけの子供だよ。」
マイコー「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!マイコーがぼくをつかまえる!マイコーがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、ステージから全力で遠ざかった。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで自宅に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにポオォォォーーォウ!!

457 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★