5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ナポリタンのガイドライン 2

1 :水先案名無い人:05/03/06 13:41:16 ID:3cqE/A/W0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・

前スレ
 ナポリタンのガイドライン
 ttp://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1081929890/

896 :水先案名無い人:2006/11/09(木) 15:16:29 ID:/kdeWZlM0
この元歌しらなかったんだけど、
調べて聞いてみたら良い曲だった。

897 :水先案名無い人:2006/11/09(木) 15:23:06 ID:/kdeWZlM0
519 :本当にあった怖い名無し :2006/11/09(木) 06:07:44 ID:9U9YHip/O
四人の男女は、好奇心へのいけにえだった。
あろうことか、科学者の言う「我々の仲間が、その目で確かめたかも知れないという、ささやかな希望」を乗せ、宇宙船は宇宙の果てを目指していた。
冷凍睡眠装置が解除され、室内に酸素が送られて、充足した。目覚めた四人はお互いの顔を見合わせ、裸で抱きあった。
船室で、何億、何兆年前の物かすら分からなくなった、煮汁のようなワインを空け、我々にも想像できる、室内パーティの沈黙が訪れた。
感傷的になった一人が涙を拭き「じゃあ、外を見てみよう。」と言い、シャッターを操作した。
彼らには、祝福が与えられた。
よくある話かも知れないが、四人が見たのは、暗黒だった。

そして、意識の空白を埋める様に、無数の切れ目が一斉に目覚めた。赤くて巨大な殺意の眼球が、値踏みに飽きるまで、こっちを眺めている。

脳内にハエの羽音が響く。

冷凍睡眠解除の失敗を告げるブザーの音がした。

目覚めるわけないよ。四人共、人間の剥製だったんだから。



898 :水先案名無い人:2006/11/10(金) 22:00:05 ID:ok5BNBc60
名探偵コナンを1巻からぶっ通しで読んでみたが、「はんにんはこのなか」ネタは無かったぞー

899 :水先案名無い人:2006/11/10(金) 23:06:47 ID:j+fqGR1Q0
アニメのオリジナルかな?時々あるから。

900 :水先案名無い人:2006/11/11(土) 15:37:15 ID:32ctLJ6w0
名探偵コナンでこのネタがあったって言ってる奴は、劇場版第1作目の初っ端の事を思い浮かべたんじゃなかろうか
『ワープロに「JUN」のダイイングメッセージを残し、黒川病院の院長が殺害された。』って奴

似たようなネタがあったと思い浮かべるのは納得できるが、これだけ違うと元ネタとは言えないよなぁ

901 :水先案名無い人:2006/11/11(土) 16:11:35 ID:Mhz4LPs20
>>900
これ思い出した
ttp://www.geocities.jp/usyhr/hakoniwa/

902 :水先案名無い人:2006/11/11(土) 18:15:34 ID:LAhYlcqY0
確か向田邦子が、子供の頃
「はこをあけたら こはいかに」って歌詞を、
箱の中に「恐い蟹」なんだと理解してた
ってエッセイ書いてたな

903 :水先案名無い人:2006/11/16(木) 10:36:07 ID:rrs7wjq60
このスレでいろいろ読んで鍛えられたので、
昨日のスパゲティーに人の指が入ってたけど
全然気にせずに食べられたよ ははははは

904 :水先案名無い人:2006/11/16(木) 17:38:53 ID:O3oOVPmA0
つまんない

905 :水先案名無い人:2006/11/16(木) 20:50:57 ID:IdNxElC10
 すごいですね。
 僕は人間の指を平気で食べるほど、グルメではないですね。

906 :水先案名無い人:2006/11/16(木) 23:30:23 ID:QoZeQU+B0
>>903
エルキュール・ポアロが主人公の短編小説でシチューに指が入ってる話があったな。
うろおぼえだけど、コックが特徴のある指で犯人特定されるのを避けるために自分の指切って、
それをどう始末つけるかってのでシチューに入れちゃう話。
それ食った客、カワイソス(´・ω・`)

907 :水先案名無い人:2006/11/17(金) 00:01:11 ID:Hx/Sa9540
>>906
それってどうやってトリックがバレたの?
まさか食った客が「骨が浮いてる」とか言ったわけじゃないよね?

908 :水先案名無い人:2006/11/17(金) 00:12:56 ID:1XYpSCcd0
>>907
トリックは結局バレたというわけじゃないと思う。
微妙な記憶から再構成したシナリオはこんなカンジ。

・ポアロがヘイスティングスとどっかの店に食事に入る
・そこの店主はかつて犯罪に関わった可能性が高く、
 状況証拠はかなりそろっているが物証が無く無罪になったという話をポアロが始める
・その話の中で
 「決め手となる指は切断されていた」
 「指を処分する間はなかったはずなのに見つからなかった」
 ということを言う
・ヘイスティングス「このうさぎ肉のシチューは本当にうまい」
 店主「みなさんそういってくださいます。でも一度だけ肉が筋張っていると文句を言われたことがあるんですよ」

というカンジで、直接犯罪が起きてそれを捜査する話でなく、
なんか小話みたいなカンジ。

いや、マジでうろおぼえなんで違ってるかも?

909 :水先案名無い人:2006/11/17(金) 12:15:27 ID:ifXiZG3R0
レストランで悪趣味な話するなあw
ポアロが、お人好しのヘスティングスをからかったのでは?
あいつ紳士のフリして性悪だからなあ

910 :水先案名無い人:2006/11/18(土) 04:42:58 ID:gDXdeW510
あー、そんな話あったな。

911 :水先案名無い人:2006/11/18(土) 17:50:01 ID:NGDgEDnF0
確か、コミックの「バンパイア」で、
お寺の小坊主が、お屋敷の奥方に出された菓子を見ると
お皿の上に切断された指の山!
てシーンがあって、軽くトラウマだった

912 :水先案名無い人:2006/11/18(土) 18:27:49 ID:j9P5TrV10
二次大戦中のユーゴであった山盛りの生ガキに見えたのが実は人の目玉ってのが

913 :水先案名無い人:2006/11/18(土) 19:07:36 ID:IUb6qixn0
個別の十一人

914 :水先案名無い人:2006/11/18(土) 19:19:03 ID:NGDgEDnF0
発症因子は、初期革命評論集全10編が記憶内にあること、個別主義者であること、
義体化以前は童貞であること。



915 :水先案名無い人:2006/11/20(月) 15:22:07 ID:UKKAWLOU0
けけけけ

916 :水先案名無い人:2006/11/22(水) 10:35:48 ID:OMwpLt6V0
メトロポリタン

917 :水先案名無い人:2006/11/22(水) 15:31:29 ID:bMeeHQM6O
>>1
これって鮫島事件と同じ匂いがするんだが…

918 :水先案名無い人:2006/11/22(水) 20:55:43 ID:7tw1deRg0
>>917
ちょwwwおまwwwwwwww














消されるぞ……!

919 :水先案名無い人:2006/11/23(木) 20:34:36 ID:ynI4Pav60
>>917-918
2ちゃん初心者の怪

920 :ナポリタン:2006/11/23(木) 23:09:16 ID:ymZTaMd/O

タンタン⊂(^ω^)⊃


921 :水先案名無い人:2006/11/24(金) 00:15:30 ID:lanj+ShZ0
>>917
貴方は知ってしまいましたね

922 :水先案名無い人:2006/11/24(金) 13:03:11 ID:Ph4LmmFc0
こんな小島の中央に、こんな深い森があるとは思わなかった。
友人とのクルージングで遭難し、私ひとり流れついて三日。
食べ物を求めて森に分け入ってみたものの、口に入れられるようなものは
殆どなく、私は飢えていた。柔らかい葉や根を食ってしのいできたが、限界だった。
と、三日目の夜、私は信じられないモノを見た。突然道が開け、
一軒のこじんまりしたレストランが現れたのだ。看板には、
「ここはと*あるレストラン」5文字目は、何だかすり切れていて読めない。
だか良い。私は飛び込み、すぐに海鮮料理専門の店と知った。
きっと島の裏側には町があるのだ!海の幸を使った専門の料理を出すのだ。
家か会社と連絡さえ取れれば、金は後でいくらでも払える。
私はワケを話し、とにかく食事をさせてもらおうと思った。お勧め料理はナポリタン。
なるほど、ナポリ湾とも通じているわけだ。私は料理を待つ間、
店長に恐ろしかった遭難の体験を話した。友人と二人の楽しい船出。
突然の嵐。壊れた舵と通信装置。塩漬けの食料もなくなり、そして……。
やがて料理が来た。喜んでかぶりつく私。だが何か変だ。
しょっぱい。やけにしょっぱい。何だか頭も痛い。
しょっぱいのは、このナポリタンに入っている魚?……の肉?

923 :水先案名無い人:2006/11/24(金) 13:17:40 ID:Ph4LmmFc0
私は店長に言って、皿をかえてもらった。今度は大丈夫みたいだ。
店長は、お代はいらないという。何故か笑っている。
その目を見て、私は気付いた。彼は何もかも知っているのだ。
私はふらふらと店を出た。そして思いをはせる。
私が、友人と仕事上の対立があったこと。話をつけようと、二人だけで船を出したこと。
争いになり、私が友人を殺してしまった事。だが死体には銃の後が残った。
鮫のいる沖合まで出て、死体を鮫に食わせて事故に見せかけようと思ったこと。
嵐でフリーザーと通信機関が壊れ、死体を保存するために塩漬けに。
やっと鮫の群に出くわした時は私自身も限界。やっと死体を海に投げ入れ、
そして……「うわあああっ!」
私は解った。あの時……鮫に引きちぎられる友人の死体が確かに私をにらんだ。
そして私も、ジャンプした鮫に海に引きずりこまれて……。
海の幸の料理を出すあの店。あの肉は、島に流れついた塩漬けの友人だったのではないか?
そうだ、確か伝説があった。地中海に浮かぶ、鮫だけが根城にしている無人島。
近づいた人間は全て餌食にされる。通称、鮫島……。
ふと気が付くと、あたりは真っ暗で、店も、森も、島もなかった。
ごうん、ごうんと潮の流れの中を進んでいるような音と、震動が伝わってくる。
今の私には、手も足も、胸も腹もないのが解った。ここは鮫の腹のなかだ。
私は叫んだ。だが、もう声は出なかった。


924 :水先案名無い人:2006/11/24(金) 19:42:51 ID:cjyegmnwO
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
店長:「ここはとあるレストラン」
・・・変な店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「おめぇに食わせるナポリタンはねぇ!!。」
とりあえず殴る。数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった。
彼に恋してしまったことに。

925 :水先案名無い人:2006/11/26(日) 00:22:58 ID:IlMsJXpb0
>>924
しゃぶれよ

926 :水先案名無い人:2006/11/27(月) 02:35:47 ID:Q0IxX6YG0
>>922-923
暗い、狭い、寒い、生臭そーなオチで苦手

927 :水先案名無い人:2006/11/28(火) 18:36:15 ID:dfjFwtNQ0
>>925
しゃぶれだぁ。この野郎、てめぇがしゃぶれよ。

928 :水先案名無い人:2006/11/28(火) 18:42:45 ID:PMt3WfRG0
>>925,927
殴ったくらいで男と決めつける?

929 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 00:52:50 ID:rBhpq8J+0
>>925は店長に向けての言葉だよ

930 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 01:25:13 ID:CUXVKQMR0
正体がサメの店長かw

931 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 15:13:38 ID:pD6MfHRI0
食いちぎられてあぼん

932 :◆VqGdauSAGI :2006/12/08(金) 01:04:48 ID:kG3BhUqC0
意味深なコピペを解読しようぜ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/campus/1165496256/
ナポリタンのガイドライン 2
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1110084076/

933 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 00:20:18 ID:5jM5mW370
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
店長:「ここはとあるレストラン」
・・・変な店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「カカカカカー!秋山の魔法を見せてやるぜー!!!。」
とりあえず待つ。数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった。
あのナポリタンがパスタではなかったことに。

934 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 11:36:46 ID:ZkMmalvU0
>>933
店の奥に髪がザンバラで丸めがね掛けてた変な料理人とかいなかった?
あと食ってるときの記憶飛んでたり、食べるとき手が止まらなくなる、とかなかった?

935 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 23:05:55 ID:dLLS1fgR0
>>934
巨乳のコック娘が二人ほど(*^^*ゞ

936 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 23:24:22 ID:dLLS1fgR0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
店長:「ここはとあるレストラン」
・・・変な店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
yu3「なんだ、これは!このナポリタンを作ったのは誰だ!
茹で加減といい、味付けといい、まるでなっとらん!」
店長「申し訳ありません。すぐに作り直します。」
とりあえず待つ。数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。

と、その前に料理人に挨拶をしていこうと思い裏口に回った。
そっと厨房を覗いてみると見覚えのある男が目についた。
思い直してその場をはなれる。
「シローの奴。。。」



あのナポリタンがパスタではなかったことに。

937 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 05:10:59 ID:iJSCVgWi0
ここは『屠』あるレストラン

938 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 16:13:57 ID:/qnCHM4H0
釣り師がめちゃくちゃなミステリー風の謎謎みたいな文章を即興で書いただけ。答も糞もない
この謎謎(?)に対して答えを求める香具師と、そいつらに対して答の存在をちらつかせ思わせぶりな態度を取る便乗釣り師が増えてきて2chが活性化。ついにはガイドラインにスレまで立ってしまった

939 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 18:07:52 ID:EaozpBrJO
はっ、なんだ夢か・・・・・・

940 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 02:57:18 ID:M/toLSZz0
このあと938の姿を見たものはいなかった・・・

941 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 09:36:23 ID:Dz1VSQr/0
俺は外国のジョークの誤訳だと思う。なんとなくね

942 :水先案名無い人:2007/01/13(土) 18:58:08 ID:Wsftni8f0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
食堂「ユリシーズ」
いたく普通な名前の店だ。
私は人気メニューの「カレーライス」を注文する。
数分後、カレーライスがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。やわらかい。変にやわらかい。口が臭くなる。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ユリシーズがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはユリシーズ・・
人気メニューは・・・カレーライス・・・


943 :水先案名無い人:2007/01/13(土) 19:24:36 ID:MugUyskZO
ある日、私は待ちに待ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ファミリーレストラン ボンバー」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「和風ハンバーグ」を注文する。
数時間後、ネギラーメンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
軍曹:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数時間後、石焼ビビンバがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはファミリーレストラン・・・
人気メニューは・・・愛媛のみかん・・・

944 :水先案名無い人:2007/01/15(月) 00:33:37 ID:95EU61zl0
私はある日、/^o^\フッジサーンに迷ってしまった。
/^o^\フッジサーンになりお腹も/^o^\フッジサーン。
そんな中、/^o^///シンカンセーンを見つけた。
「ここはとある/^o^///シンカンセーン」
変な名前の/^o^///シンカンセーンだ。
私は人気\^o^/オチャワンの「/^o^///シンカンセーン」を注文する。
数分後、/^o^///シンカンセーンがくる。私は/^o^\フッジサーン。
・・・なんか/^o^///シンカンセーン。/^o^///シンカンセーン。変に/^o^///シンカンセーン。頭が/^o^///シンカンセーン。
私は/^o^///シンカンセーンを言った。
/^o^///シンカンセーン:「すいません/^o^///シンカンセーン。御代も/^o^\フッジサーン。」
数分後、/^o^///シンカンセーンがくる。私は/^o^\フッジサーン。今度は/^o^\フッジサーンみたいだ。
私は/^o^///シンカンセーンをでる。
しばらくして、私は/^o^\フッジサーン・・・
ここはとある/^o^///シンカンセーン・・・
人気\^o^/オチャワンは・・・/^o^///シンカンセーン・・・

945 :水先案名無い人:2007/01/15(月) 21:44:47 ID:wC4t1kw90
なんかさ、ホントはこんな話らしいよ。



そう、アレは数年前の夏。
空から見下ろす太陽が酷く憎らしく思えた年だった。
私は山奥で独り、呆然としていた。
食料も底をつき、あと数日しか持たないだろう。
そんな中に、神からの慈悲か、見覚えのないレストランがあった。
こんなところにレストランがあることを不審には思ったが、 それを気にしている余裕は、そのときの私にはなかった。
店内に入ると、そこは少し古めかしいところで とてもきれいとはいえなかった。
すぐにカウンターにつき、私はとりあえず人気メニューのナポリタンを注文することにした。
「すいません、ナポリタンをお願いします」
気のぬくもりが埃で隠されている無機質なこの空間に、 私の声は恐ろしげに響いた。
どうやら声が震えているようだ。
それから、少しの間をあけて厨房から声が聞こえてきた。
「はい、ただいま」
ものの数分もしないうちにナポリタンがでてきた。
おいしいとはいえなかったが、空腹の私にはそれで十分だった。
レストランをでて、そとの新鮮な空気を吸い込む。
山奥の森の匂いには、独特のモノがある。
少し歩いて、ふと気づいたことがあった。
そう、あのレストランで注文したモノは……ナポリタン。
知らない店でナポリタンを私は頼んだ……。
ナポリタン………? ああ、そうか。ナポリタン。そういうことか。
私は生きる希望を失い、目の前に広がる屍をむさぼった。


327 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)