5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/

1 :水先案名無い人:2006/02/16(木) 09:04:00 ID:UPN2xCey0● ?
朝起きたら台所に翠星石がいた。
翠星石「お、おはようです」
俺「おはよう、翠星石。・・・後ろに何持ってんだ?」
翠星石「え!?な、なんでもないです! あー!勝手に取るなです!!」
俺「おー綺麗にラッピングしてあるなあ。誰かの誕生日プレゼント?」
翠星石「これは・・・その・・・。・・・この国では、2月14日は誰かにチョコレートを渡す日だとテレビで見たです。
     だから、特別に翠星石が作ったのをヤスヒロにあげるです・・・。」
俺「え!ほんとに!?嬉しいなあ。ありがとう、翠星石。まあ義理なんだろうけど」
翠星石「あ、当たり前です!ほんとはヤスヒロには翠星石手作りのチョコなんてもったいないですけど、
     どうせ誰にも貰えないだろうから、哀れなお前に恵んでやるです。もっと感謝しろです。」
俺「ああ、義理でも本当に嬉しいよ翠星石。じゃ箱開けるね。
  おお凄い。チョコレートケーキだ。しかもハート型。義理なのに気合入ってるな。」
翠星石「さっきから一言一言うるさいです!さっさと食べて感想を述べやがれです!」
俺「そう。じゃ、いただきまーす。・・・・・」
翠星石「・・・ど、どうですか?」
俺「ちょっと苦いかも。でも美味しいよ」
翠星石「そりゃあそうです!けどおこちゃまな舌のヤスヒロにはちょっと大人の味だったですかね。
     まあでも、翠星石が愛情込めて作ったのですから美味しくて当然ですけどぉ。」
俺「え?愛情?入ってるの?」
翠星石「な!な、な、なに言ってやがるですか!そんなもん入ってねーです!
     自惚れるなですぅ!と、とにかく!これからは心優しい翠星石のことをもっと敬いやがれです!」

だって。こんな幸せなバレンタインデーは初めてだよ。
俺は幸せ者だなあ!ハッピーバレンタイン!\(^o^)/

163 :水先案名無い人:2006/03/07(火) 21:16:42 ID:mXe9/mMT0
128 :番組の途中ですが名無しです :2006/03/07(火) 20:14:52.76 ID:xA8On1Vi0 ?#
今日は翠星石が昼食作ってくれた。
翠星石「ヤスヒロー、ごはん出来たですよー!さっさと降りてくるですー!」
俺「今降りるよ。おー、ナポリタンか。美味しそうだなあ」
翠星石「き、きっと美味しいですよ」
俺「あれ、翠星石の分は?食べないの?」
翠星石「わたしはいいです。あんまりお腹減ってないですから」
俺「ふーん。じゃあ、いただきまーす!・・・・・・うん!美味しいよ!ん?でも何か食べたことある味のような・・・」
翠星石「そ、そうですか?ナポリタンなんか誰が作っても似たようなもんですよ」
俺「まあ美味しいからいいか。ん、お茶冷蔵庫に入れてなかったからちょっとぬるいな。氷いれよっと」
翠星石「あ・・・」
俺「あれ?冷凍食品こんなに少なかったっけ?もうちょっとあった気がするんだけど」
翠星石「そ、そうだったですか?」
俺「・・・ちょっと翠星石、ナポリタン1袋減ってるぞ。食べたことある味だなあと思ったらこれ冷凍食品だろ?」
翠星石「え!?え、えーと、それは、その・・・」
俺「やっぱり・・・。翠星石が手料理作ってくれるって言うから楽しみにしてたのに・・・。
  作るのめんどくさくなっちゃったのか?ちょっとがっかりだよ・・・」
翠星石「ち、違うです!ちゃんと作ったですよ!作ったですけど・・・その・・・あまり美味しく出来なくて・・・」
俺「なんだ、そんなこと気にしたのか?前も言ったろ、翠星石が作ってくれたのなら味なんか気にしないって」
翠星石「で、ですけど!やっぱり美味しく作れなかったのは出したくないですよ。
     やたら楽しみにしてるヤスヒロの馬鹿面見たら余計に・・・。
     そ、それにヤスヒロに料理ひとつまともに出来ないなんて思われるのも・・・」

164 :水先案名無い人:2006/03/07(火) 21:19:42 ID:mXe9/mMT0
129 :番組の途中ですが名無しです :2006/03/07(火) 20:15:28.39 ID:xA8On1Vi0 ?#
俺「・・・なに言ってんだよ翠星石。そんなことで俺が幻滅したりすると思うか?
  俺が知ってる翠星石はそんなこと気にしない子だったぞ。料理がほんのちょっと苦手なぐらい気になんてするなよな」
翠星石「で、でも・・・」
俺「なんか、お前最近俺に気を使いすぎじゃないか?最初の頃はそんなことなかったのにさ。
  美味しく出来たものを食べさせたいって気持ちは嬉しいけど、そんなの気にしてるなんて翠星石らしくないよ」
翠星石「だ、誰がいつお前なんぞに気を使ったですか!お、思い上がるなですぅ!で、でも・・・そ、そうです。そうですね!
     最近の翠星石は、ヤスヒロのことなんか知ったこっちゃねーと言う気が足りなかった気がするです。
     そうですよ!お前は翠星石がお料理のレベルアップするための実験台ですモルモットです!
     そもそも下僕なのですから味がどうだろうと出来たもの食わせときゃいいのですよ!」
俺「そうだよ翠星石!ちょっと言い過ぎな気もするけどその意気だよ!」
翠星石「それではヤスヒロを残飯処理大臣に任命するです!失敗は成功の元って言うですからね。
     失敗したお料理はお前にジャンジャン食べさせてやるから、しっかり胃腸を整えておくですよ!」
俺「え・・・あの・・・そういう意味で言ったんじゃないんだけど・・・」
翠星石「はぁー、そう思ったらなんだか久しぶりに気分爽快ですぅ。どうもこの頃の翠星石は小さくまとまりがちでしたね。
     やっぱりヤスヒロは翠星石がレベルアップするための踏み台役が一番輝いてるです。
     これからは今まで以上にこき使ってやるですから覚悟するですよ!」

だって。
俺の顔色伺うなんて翠星石らしくないよね。でもそれだけ気にしてくれてるってことかな?
なんか最終的に他のとこにも影響出そうな結論になったけどまあ良いや!俺は幸せ者だなあ!\(^o^)/

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★