5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/

1 :水先案名無い人:2006/02/16(木) 09:04:00 ID:UPN2xCey0● ?
朝起きたら台所に翠星石がいた。
翠星石「お、おはようです」
俺「おはよう、翠星石。・・・後ろに何持ってんだ?」
翠星石「え!?な、なんでもないです! あー!勝手に取るなです!!」
俺「おー綺麗にラッピングしてあるなあ。誰かの誕生日プレゼント?」
翠星石「これは・・・その・・・。・・・この国では、2月14日は誰かにチョコレートを渡す日だとテレビで見たです。
     だから、特別に翠星石が作ったのをヤスヒロにあげるです・・・。」
俺「え!ほんとに!?嬉しいなあ。ありがとう、翠星石。まあ義理なんだろうけど」
翠星石「あ、当たり前です!ほんとはヤスヒロには翠星石手作りのチョコなんてもったいないですけど、
     どうせ誰にも貰えないだろうから、哀れなお前に恵んでやるです。もっと感謝しろです。」
俺「ああ、義理でも本当に嬉しいよ翠星石。じゃ箱開けるね。
  おお凄い。チョコレートケーキだ。しかもハート型。義理なのに気合入ってるな。」
翠星石「さっきから一言一言うるさいです!さっさと食べて感想を述べやがれです!」
俺「そう。じゃ、いただきまーす。・・・・・」
翠星石「・・・ど、どうですか?」
俺「ちょっと苦いかも。でも美味しいよ」
翠星石「そりゃあそうです!けどおこちゃまな舌のヤスヒロにはちょっと大人の味だったですかね。
     まあでも、翠星石が愛情込めて作ったのですから美味しくて当然ですけどぉ。」
俺「え?愛情?入ってるの?」
翠星石「な!な、な、なに言ってやがるですか!そんなもん入ってねーです!
     自惚れるなですぅ!と、とにかく!これからは心優しい翠星石のことをもっと敬いやがれです!」

だって。こんな幸せなバレンタインデーは初めてだよ。
俺は幸せ者だなあ!ハッピーバレンタイン!\(^o^)/

67 :水先案名無い人:2006/02/21(火) 14:16:43 ID:ggLUOtbL0
106 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/02/21(火) 13:39:27.54 ID:nFqLKVIq0 ?#
昨日は雛苺が遊びに来てた
雛苺「あーん、ヤスヒロー!」
俺「ん?どうした?」
雛苺「翠星石がヒナのポシェット隠しちゃったのー。一緒に探してなのぉ」
俺「・・・まだそんなことやってるのか、翠星石」
翠星石「濡れ衣ですぅ。翠星石はチビ苺のポシェットなんてちーっとも知らないですぅ。
     最初から持ってきてないんじゃないですかぁ?」
雛苺「そんなことないもん!ヒナ、あのポシェット大事にしてるからいっつも持ち歩いてるのよ!
    ねえ信じてなのヤスヒロ〜。翠星石はうそつきなのよー。」
俺「とりあえず探してみよっか。どこで見失ったんだ?」
雛苺「んと、あのテーブルの上に置いといたの。それで、お絵かきしてる間になくなっちゃったのよ」
俺「じゃあ、この部屋探してみるか。

  んー、ないなあ。他の部屋かなあ」
雛苺「うゅー・・・あ、ヤスヒロ!あそこ!あのタンスの上、ポシェットの紐見えてるの!」
翠星石「(ち、もう見つけやがったですか)」
俺「ん?なんか言ったか? よいしょ、っと。はい、雛苺」
雛苺「ありがとなのー!ヤスヒロー」
俺「どうやってあんなとこ置いたんだよ・・・。もうこんなことするなよ、翠星石」
翠星石「翠星石のミーディアムのくせに翠星石のことを信用しないなんてひどすぎるですぅ。
     証拠もないですのにぃ」
雛苺「あー!」
俺「今度はどうした?」
雛苺「ヒナの入れといたお菓子なくなってるの・・・。」
俺「・・・おい翠星石」
翠星石「し、知らねーです!雛苺のいちご大福なんて食べてないです!・・・・・あ」
雛苺「もう!やっぱり翠星石だったのね!みんなで仲良く食べようと思って3個持ってきたのにぃ」
俺「全部食ったのかよ・・・。いくらなんでもそれはダメだぞ、翠星石」
翠星石「え、えーと・・・その・・・」
俺「まったく・・・。あ、そうだ冷蔵庫に1個いちご大福残ってるから雛苺にあげるよ。翠星石はもう食うなよ」


68 :水先案名無い人:2006/02/21(火) 14:19:13 ID:ggLUOtbL0

107 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/02/21(火) 13:39:46.91 ID:nFqLKVIq0 ?#
雛苺「あ、わーい!ありがとなのー!」
翠星石「よ、よかったですね雛苺。これで一件落着です」
俺「お前な・・・。」
雛苺「ねえねえヤスヒロー」
俺「ん?」
雛苺「はい、これ!ヒナのうにゅー半分あげるの!」
俺「え、いいよ。一人で全部食べなよ」
雛苺「あのねー、えっとねー、ヒナはねー、うにゅーも好きだけど、ヤスヒロのことはもっと大好きなのよ。
    だから、大好きなヤスヒロに、ヒナの好きなうにゅー半分あげるの!ありがとうの気持ちなのよ」
俺「・・・じゃあ、そこまで言うなら貰おうかな。ありがとう、雛苺」
雛苺「えへへ〜」
翠星石「きぃ〜〜〜〜〜!!!ちょっと雛苺!!
     なにさりげなくポイントアップしてるですか!きたねーです卑怯ですー!!」
雛苺「???よくわかんないのー。
    あ!じゃあ翠星石も大好きなものヤスヒロにあげたらいいの!
    翠星石の大好きなものってなぁに?」
翠星石「え!?す、翠星石の大好きなもの・・・ですか・・・。・・・・・・・。」
俺「? ん?なに?」
翠星石「な、ななな、なんでもありゃしないです!
     翠星石の大好きなものなんてヤスヒロやチビ苺にはぜーったいに教えてやらないです!
     翠星石の大好きなものは翠星石だけの秘密なのですー!あ、も、もうそろそろ眠りの時間です!もう寝るです。
     チビ苺も早く帰って寝やがれですぅ!!!」

俺「まだ20時なのに」
雛苺「翠星石なんかヘンだったの〜」

だって。
誰かに大好きなんて言ってもらえると嬉しいよね。
なんだかんだ言って翠星石とも仲良いしね。
ほんと、毎日が楽しいよ!俺は幸せ者だなあ!ハッピーエブリデイ!\(^o^)/

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★